ニュースnews

~弊社では、表示知識の習得で苦労をした体験から、初めての方~中級レベルの方まで楽しんで学べるコンテンツの制作を始めました。~ 動画の本編はパソコンのほかタブレットやスマートフォンからも繰り返し視聴できるので、電車内などで空いた時間に少しず...
弊社中央研究所(千葉県千葉市)の迅速微生物検査について月刊HACCP 2018年5月号掲載されました。 【Challenge the Future~未来への架け橋~4】 イオンのPB商品の安全・安心を正確・迅速・...
~弊社では、表示知識の習得で苦労をした体験から、初めての方~中級レベルの方まで楽しんで学べるコンテンツの制作を始めました。~ 動画の本編はパソコンのほかタブレットやスマートフォンからも繰り返し視聴できるので、電車内などで空いた時間に少しず...
2018年2月8日、法政大学第二高等学校の生徒7名様に弊社中央研究所(千葉市美浜区)へご来所頂きました。 卒業論文作成の為の調査をされているとのことで、弊社研究員より「遺伝子組換え食品について」の講義と研 究所施設のご案内をさせ...
2018年2月1日、(公益社団法人)日本包装技術協会主催の「第157回食品流通・包装懇話会 講演会」にて弊社、コンルティング本部シニアコンサルタント 北井 智(農学博士)が下記テーマで講演をしました。 テーマ: 「主に外部か...
弊社では、障がい者施設商品の品質向上のための、様々なプログラムをご用意しております。 プログラムにつきましては、担当ディレクターが、施設商品の種類や品質について把握し、ご担当者様のニーズを確認した上で、必要なプログラムをご提案させ...
黄色ブドウ球菌は、多くの健康なヒトや動物の皮膚や粘膜にも存在し、食品中で増殖すると嘔吐や下痢を起こす耐熱性の毒素(エンテロトキシン)を産生します。食品従事者の手指や家畜の皮膚から食品が汚染されることが多く、化膿性疾患がある場合は、更...
大腸菌は人や動物の糞便に存在する確率が高く、自然界で死滅しやすいとの理由から、食品中の存在は、直接または間接的に比較的新しい糞便汚染があったことを意味します。大腸菌の数が多いほど腸管系病原菌汚染の可能性が高く、不衛生で安全な食品では...
2018/01/01~謹賀新年~
昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も、ご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、 何卒「RIQLものづくり支援サイト」をご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。 本年も精一杯「くらしの品質」...
サルモネラによる食中毒は、健康な成人ではその症状が胃腸炎にとどまりますが、小児や高齢者では重篤となることがあり、世界的にも重要な細菌性食中毒の一つとして知られています。主な原因食品としては、鶏卵や食肉など畜産物ですが、水や土壌などの環境にも...