品質管理topic_2

家畜(牛、豚、鶏など)や野生鳥獣(イノシシ、鹿など)のお肉や内臓には、食中毒の原因となる細菌(特に、腸管出血性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクターなど)が付着していたり、ウイルス(E型肝炎ウイルスなど)、寄生虫に感染していたりすることがあり...
消費者庁は2018年1月19日、食品表示基準の運用通知及びQ&Aの一部改正の旨を関係各機関に通知しました。 運用通知はアレルゲン表示のうちの「特定原材料に準ずる20品目」の表示に係る部分、またQ&Aは、原料原産地表示制度改正を踏まえた...
東京都は2017年12月25日、東京都消費生活条例に基づく「調理冷凍食品」の原料原産地表示に関する規定の一部改正の旨を、東京都公報に告示しました。即日施行で、経過期間は平成34年(2022年)3月31日までとされています。 2017年...
12月18日に第2回食品衛生管理に関する技術検討会が開催され、麺類(生めん類、乾めん・手延べ干しめん)製造における「HACCPの考え方に基づく衛生管理の手引書」及び納豆業界の「食品衛生自主管理制度」の確認が行われました。いずれも、HACCP...
「食品期限表示の設定のためのガイドライン」 2005年2月に農林水産省、厚生労働省から発行された食品の期限表示(賞味期限・消費期限)設定の為の最も基本的な考え方が示されています。 期限表示設定の基本的な考え方 ①食品の特性に配...
2017年10月24日、消費者庁の食品安全に関する情報が更新されました。 微生物・ウイルスに関する情報で食中毒の原因になる微生物・ウイルスの詳細な情報や「食中毒予防の三原則」が分かりやすく解説されています。 リンク:「消費者庁 食品安全...
2017年9月1日に食品表示基準の一部を改正する内閣府令が公布され、 新たな加工食品の原料原産地表示制度がスタートしました。 新制度は、これまでの生鮮食品(一次農畜水産物)が主原料の22食品群と 個別4品目を対象とした制度に加工食...
2016年8月から2017年5月にかけて開催された「食用器具及び容器包装の規制に関する検討会」の最終取りまとめが2017年6月16日に公表されました。 我が国の食品用器具・容器包装規制は、食品衛生法に基づく使用物質の制限(ネガティ...
 厚生労働省は2017年年6月16日、「大量調理施設衛生管理マニュアル(厚労省通知)」を一部改正し、各自治体に通知しました。 リンク:「大量調理施設衛生管理マニュアル」  未加熱の調理品、刻みのりを原因とするノロウイルス食中毒発生、また...
2017年2月に離乳食としてジュースに蜂蜜を混ぜて与えられた生後5ヶ月の男児が、乳児ボツリヌス症を発症して死亡したとして、改めて1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう関係事業者及び消費者に注意喚起を行うよう、東京都発表資料を添え各自治体に通知し...