苦情・事故topic_5

2018年2月3日、札幌市は同市にあるスーパーの魚介類販売テナント店で1月31日に販売された「キハダマグロ」の刺身を食べた30人が、下痢や頭痛などの症状を訴えたと発表しました。札幌市保健所は「ヒスタミン」による食中毒と断定しこのテナント店を...
2018年2月1日、経済産業省はモバイルバッテリー(ポータブルリチウムイオン蓄電池)を電気用品安全法(PSE法)の規制対象に追加することを発表しました。 2019年2月1日以降、技術基準などの要件を満たしていないモバイルバッテリーの製造・...
消費者庁は2018年1月31日、「豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!」を発表し誤嚥*による事故の注意喚起をしました。 消費者庁に平成22年12月~平成29年12月末までに、豆やナッツ類の誤嚥事故が27件報告され...
2018年1月15日、愛知県蒲郡市のスーパーで「フグ」の肝臓を含んだ切り身のパックが5パック販売されたとの情報が愛知県より発表されました。 消費者から保健所への通報によって判明したとの事です。 販売したスーパーの担当者は「「ヨリトフグ」...
輸入食品の安全に関する情報提供や意見交換を行う食品に関するリスクコミュニケーション「知ろう、考えよう、輸入食品の安全性」が、2018年2月1日に大阪、2月7日に東京で開催されます。 今回の意見交換会では、「知ろう、考えよう、輸入食品の...
2017年11月27日、消費者庁は食品等の表示に係る平成29年夏期一斉取締りの指導件数等を発表しました。 収去検体数は国産品、輸入品の合計で17,301件、違反検体数は170件(1.0%)でした。 食品表示法の事項違反件数では「製造者加...
厚生労働省は2017年11月17日の薬食審議会食品衛生分科会に、2017年7月下旬から8月にかけて関東地方を中心に広域的に発生した、腸管出血性大腸菌(O157VT2タイプ)によ感染症・食中毒の調査結果を報告しました。 報告書によると、7月...
厚生労働省は2017年11月6日、事務連絡により、天然にシアン化合物を含有することが知られている主な食品にびわの種子を追加し、輸入者へ自主検査等の指導の徹底を発信しました。 <主な食品> 亜麻の実、杏子の種子、梅の種子、ビターアーモン...
 EU域内の産卵鶏農場で生産されたフィプロニル(殺虫剤)が違法に使用されていたことが判明しました。  これまで、フィプロニルに汚染された鶏卵や鶏卵製品が日本へ輸入されたとの情報はないとの事です。  これらの卵は、17か国に出荷され、多く...
農林水産省は2017年8月25日、全農高知県本部傘下の「Aコープかがみ」において、中国から輸入した惣菜を小分け包装した2商品「たけのこ土佐煮」、「きんぴらごぼう」について、平成26.11.11から平成28.6.17まで、原産国名を表示せず販...