行政・法律topic_6

農林水産省は、2017年10月27日、食品ロスの削減に役立つ容器包装の高機能化事例集の第2版を公表しました。 <備考> ・我が国では、年間約1,900万トンの食品廃棄物が排出され、その内500万~900...
2017年10月6日の薬食審議会の添加物部会で、プロピコナゾールが新規添加物に指定されました。 日本では、平成2年に農薬登録が行われており、事業者より防かびを目的とした食品添加物としての指定要請がなされました。 米国では、収穫前の農薬と...
2017年9月1日に食品表示基準の一部を改正する内閣府令が公布され、 新たな加工食品の原料原産地表示制度がスタートしました。 新制度は、これまでの生鮮食品(一次農畜水産物)が主原料の22食品群と 個別4品目を対象とした制度に加工食...
2017年6月29日付で「農産物資の規格化等に関する法律及び独立行政法人農林水産消費安全技術センター法の一部を改正する法律」が公布され、JAS法が改正されました。 改正のポイントは、JAS規格の対象が、従来の農林水産物・食品(産品)の品質...
2016年8月から2017年5月にかけて開催された「食用器具及び容器包装の規制に関する検討会」の最終取りまとめが2017年6月16日に公表されました。 我が国の食品用器具・容器包装規制は、食品衛生法に基づく使用物質の制限(ネガティ...
 厚生労働省は2017年年6月16日、「大量調理施設衛生管理マニュアル(厚労省通知)」を一部改正し、各自治体に通知しました。 リンク:「大量調理施設衛生管理マニュアル」  未加熱の調理品、刻みのりを原因とするノロウイルス食中毒発生、また...
家庭用品品質表示法(家表法)が改正されました。4月1日より施行されます。
ブラジル国内の食肉検査の不正事件を踏まえ、厚生労働省は2017年3月21日、ブラジル国内で操業停止(3施設)又は特別監査の対象(18施設)となった21施設(3月21日付で通知)で処理・加工・製造された鶏肉、はちみつ、プロポリスなどの畜産食品...
2016年12月14日、食品衛生管理の国際基準「HACCP」の導入がすべての食品事業者に義務化されました。 HACCPによる衛生管理はこれまでの衛生管理と全く異なるものではなく、これまでの衛生管理を基本としつつ、科学的な根拠に基づき、HA...
2015年4月1日、食品表示法が施行されました。  新法の大きなポイントは、全ての加工食品と添加物に栄養成分の表示が義務化されたことです。期限は加工食品と添加物は2020年3月末まで、生鮮食品は2016年9月末までとなっています。 ...