お知らせNEWS

<NEW> 自動生菌数測定装置(TEMPO)による黄色ブドウ球菌迅速検査

2018/01/26


黄色ブドウ球菌は、多くの健康なヒトや動物の皮膚や粘膜にも存在し、食品中で増殖すると嘔吐や下痢を起こす耐熱性の毒素(エンテロトキシン)を産生します。食品従事者の手指や家畜の皮膚から食品が汚染されることが多く、化膿性疾患がある場合は、更に危険性が増すなど、ヒトの健康管理にも注意を払う必要があります。原因食品は、人が直接手で扱うことが多い握り飯、巻きずしなどの穀類およびその加工品、弁当や調理パンなどがあり、原料由来の汚染としては、食肉、乳、卵を主原料とする加工食品があります。
このように黄色ブドウ球菌は、ヒトや食品の原料に存在する機会が多いため、一般的な食品で最も多く検査が行われる食中毒細菌です。しかし、その検査法は、最短で3日、疑わしい菌が分離された場合は、確認試験に進むため更に2日の検査日数を要していました。
今回ご紹介する自動生菌数測定装置(TEMPO)による黄色ブドウ球菌迅速検査は、確認試験も不要で検査日数が2日と短いことが特徴です。また、海外の試験法認証機関(米国AOAC、フランスAFNOR)で認証されており、その検査結果の信頼性は、国際的にも高く評価されています。

[試験法の比較]





■価 格
¥2,800 (税別)/1検体

■試験法
自動生菌数測定装置(ビオメリュー社製TEMPO)を使用した迅速検査法
※試験法認証機関(米国AOAC、フランスAFNOR)で認証された試験法であり、諸外国では公定法と同等の精度があるとみなされます。

■試験対象の例
握り飯、弁当、調理パン、食肉や乳・卵の加工品など

■受託の流れ


自動生菌数測定装置(TEMPO)による黄色ブドウ球菌迅速検査←パンフレットはここをクリック!
お問い合わせ←クリック