RIQLトピックスTOPICS

2018/02/13すき焼き鍋の持ち運びに注意 (国民生活センター 2017.12.21)
持ち運びの際は、必ず弦(つる)をまとめて持って運ぶように!
国民生活センターは「「すき焼き鍋の持ち運び」の危険性についてテストを実施しました。

2本の弦が持ち手になっているタイプの「すき焼き鍋」では弦を左右に開き、それぞれを左右の手で持ち上げたとき、弦が回転して鍋が傾き、中のものがこぼれてしまい危険があることが分かりました。
2本の弦を起こし、まとめて持った時は、状態が安定し、持ち運んでも中のこぼれ落ちることはなかったとの結果です。

鍋を持ち運ぶ時は、中身がこぼれることがあるため、必ず2本の弦をまとめて持って運ぶように注意喚起をしています。

「すき焼き鍋の持ち運びに注意」国民生活センターWEBページ