RIQLトピックスTOPICS

2018/05/03貝毒が猛威、二枚貝に注意!
ホタテガイやアサリなど二枚貝に注意!
貝毒による中毒事故が猛威を振るっています。
本年度は2005年以来最悪の状況で各地で被害例が報告されています。
毒を持った貝を食べると手足や顔面がしびれ、呼吸困難などで死に至ることもあるそうです。

貝毒は海域にいる毒素を含むプランクトンを主にホタテガイやアサリなどの二枚貝などが食べ、その毒素を蓄積することにより発生します。
症状により、麻痺性貝毒や下痢性貝毒に分類され、複数の毒成分からなっています。
毒成分は熱に強く、加熱調理しても毒性は弱くなりません。
毒素を含むプランクトンがいなくなれば、その海域の二枚貝等の毒は体内から減少します。

リンク:「貝毒の特徴」:農林水産省WEBページ