RIQLトピックスTOPICS

2018/05/29栄養成分表示ガイドライン(事業者向け)第2版の公表と一部訂正について (2018.5.11 消費者庁)
第2版は、利用者にとって、より分かりやすい内容・構成に
消費者庁は、事業者向けの「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン第2版」を5月11日にホームページに掲載しました。
また、5月18日に正誤表を掲載し一部(下記)を訂正しました。
第1版(H27年3月版)、第2版ともに表示を行う事業者向けでありますが、第2版では構成をガラリと変え、利用者が確認の必要なケースに応じて、必要な確認を行えるような編集となっています。

◇訂正箇所(表示の許容差の範囲の規定)
【誤】一定値を表示する場合、分析値 の許容差の範囲内に表示値がある必要がある。
【正】一定値を表示する場合、表示値 の許容差の範囲内に分析値がある必要がある。
( ホームページ掲載のガイドライン本文は、18日以降は訂正済みが掲載されています。)

<備考>
分析値の許容差(分析値±α%)内に表示値の規制は、旧栄養表示基準(健康増進法)のルールであって、食品表示基準では後者の表示値±α%の範囲内に分析値に改められました。 第1版ガイドラインの記載においても、 一部に旧基準と錯綜した記述が見られたましたが、第2版では修正されました。


リンク:「<事業者向け>食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン」:消費者庁ウェブサイト

RIQL:「栄養成分表示作成サービス」:←ここをクリック