RIQLトピックスTOPICS

2018/09/06機能性表示食品とは?
機能性表示食品とは?(2018.9.6 )
近年、健康意識の高まりにより、機能性関与成分が注目されています。今回は、平成27年4月施行の食品表示基準からスタートした『機能性表示食品』制度について見てみましょう。
『機能性表示食品』は、「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待でき、健康の維持及び増進に役立つ機能性を表示することができます。
事業者は、消費者が誤認することなく商品を選択することができるよう、安全性の確保を前提として、科学的根拠に基づいた機能性を決められたとおりに提示・表示する責任があります。また消費者は、パッケージに表示されている一日当たりの摂取目安量、摂取の方法、注意事項などをよく読み適切な摂取をすると同時に、食生活の見直しにも役立てていきましょう。

*機能性表示食品は“保健機能食品”に分類されます。その他“保健機能食品”には、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ国が効果や安全性を審査した「特定保健用食品(トクホ)」と、不足しがちな栄養成分を補給・補完する目的で科学的根拠が確認された栄養成分を一定基準量含む「栄養機能食品」があります。

機能性表示食品の届出情報を検索することができます.
(平成30年8月20日現在の総届出数1427件)

リンク:機能性表示食品の届出情報:消費者庁HP

リンク: 消費者の皆様へ「機能性表示食品」って何?:消費者庁HP

リンク: 食品関連事業者の方へ「機能性表示食品」制度がはじまります:消費者庁HP

リンク:機能性表示食品の検索:消費者庁HP