RIQLトピックスTOPICS

2017/10/06<RIQL Topics>「プロピコナゾール」が添加物に指定されました (2017.10.6 厚生労働省)
米国では、収穫前の農薬として使用されています
2017年10月6日の薬食審議会の添加物部会で、プロピコナゾールが新規添加物に指定されました。
日本では、平成2年に農薬登録が行われており、事業者より防かびを目的とした食品添加物としての指定要請がなされました。
米国では、収穫前の農薬として、小麦などに使用されております。また、収穫後の防かびを目的として、かんきつ類、核果類、すもも等に対して、残留基準で使用が認められております。
欧州連合(EU)では、収穫前の農薬として大麦等に使用され、収穫後の防かびを目的としては、かんきつ類に対し、残留基準で使用が認められています。

リンク:

「厚生労働省 平成29年10月6日薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会添加物部会