RIQLトピックスTOPICS

2015/10/23<RIQL Topics>「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告 (2015.10.23 消費安全委員会)
毛染めによるアレルギーに御注意!
2015年10月23日、消費者安全調査委員会は、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しました。

<概要>
 毛染めは、髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりするなど、年代や性別を問わず一般に広く利用されています。
 毛染め剤は皮膚への刺激が強く、人によっては、かゆみ、腫れなどの皮膚障害が報告されています。
毛染め剤の中でも、酸化染毛剤は最も広く使用されている製品であるとともに、最もアレルギー性接触皮膚炎になりやすい製品でもあります。
 症状の重篤化を防ぐためには、いち早く異常に気付き、適切な対応をとることが必要です。

リンク:

「毛染めによるアレルギーに御注意! 消費者庁ウェブサイト」