RIQLトピックスTOPICS

2018/01/16愛知県のスーパーで「フグ」の肝臓販売!?
「絶対に食べないで!」
2018年1月15日、愛知県蒲郡市のスーパーで「フグ」の肝臓を含んだ切り身のパックが5パック販売されたとの情報が愛知県より発表されました。
消費者から保健所への通報によって判明したとの事です。
販売したスーパーの担当者は「「ヨリトフグ」の肝臓で毒性が低く、有毒であるとの認識が無かった」と話しています。

ふぐ毒「テトロドトキシン」は属性が非常に強く、青酸カリの約1,000倍の毒性を持つとされています。

「フグ」その取扱いが規制・条例化されていて、処理するものは免許が必要です。
又、「フグ」の肝臓は有毒部位であり、種類を問わず、天然や養殖に関わらずその販売や提供は食品衛生法により禁止されています。

リンク:

「安全なフグを提供しましょう」 厚生労働省WEBサイト



※写真は「トラフグ」