RIQLトピックスTOPICS

2018/01/30米粉をめぐる状況について (2018.1 農林水産省)
米粉製品の普及を支援
農林水産省は米粉の普及を積極的に後押ししています。
一般企業においても、利用拡大に向け、製粉コストの提言取り組み、「グルテンフリー」商品への利用、米ピューレ、米ゲルなど保湿性や粘性など機能に着目した商品開発が進むなどの取り組みが行われています。
パンに国産の米粉を利用することで、小麦粉(輸入)が代替され、食料自給率アップにも寄与するところです。
農林水産省は米粉用米の安定的な供給体制を構築する為に、生産者に交付金を支給するなどの支援措置を実施しています。
又、官民一体でフード・アクション・ニッポンでの取組み「米粉倶楽部」を通じ、米粉の認知拡大・消費喚起を推し進めています。

リンク:

米粉をめぐる状況について← 農林水産省ウェブサイト


リンク:

FOOD ACTION NIPPON ホームページ